ぴよひこ
  • Author:ぴよひこ
  • PS3 ID: xpiyohikox
    Twitter: xpiyohikox
  • RSS
そっすね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3でマウス操作ができるようになるソフト "GIMX"
疑問・質問は → https://twitter.com/xpiyohikox

この記事は、PS3でマウス操作が可能になるGIMXの導入について書いてあります。
なお、当サイトの運営者は当サイトの利用、またはリンク先により生じた損害に対する責任を負いません。
導入中、導入後における不利益・損害等は利用者の責任として行ってください。



PS3でマウス・キーボードが使えるようになるコンバータとして、

XIM EDGE http://amzn.to/RzLaJ7


Eagle Eye Converter (EEC) http://amzn.to/11tdHqi



や、直接マウス・ヌンチャクをUSBで接続してマウス操作が実現できる

FragFX Shark http://amzn.to/Sf1ROv



といったものがある。

これらは、導入の難易度もそこまで高くなく、かつ簡単にPS3でのマウス操作が可能になる。
しかしながら、これらは値段が高く、もしも買ったものが自分にあわなかったら金の無駄になってしまう。(安いコンバータでも5000円はする)

そこで今回紹介するのは、(マウス・キーボードがあるという前提で)"GIMX" というLinux専用のソフトを使い、PS3でマウス操作を実現するため、PCをコンバータとして活用する方法である。
Linux OSがはいったPCなんかねーぞ!!!って人でも大丈夫。
詳細は後述する。

簡単に図で表すと、

wave1.png

みたいな感じ。
GIMXでPS3向けの信号に変換したあと、PCに接続しているBluetooth送受信機でPS3に送信する。
つまり、この方法で必要なのは、

Bluetoothの送受信機だけ。

あくまでPCと周辺機器がそろっていればの話だけれど。

ちなみに、この記事を書いている人はこのBluetooth送受信機でうまくいきました。 → http://amzn.to/ZdAGau


もしかしたら、無線マウスとかに付属してるやつでもいけるかもしれないけど、そこらへんは詳しく調べてないのでなんともいえません!

600円くらいで買える物もある http://amzn.to/ZdAJDn



以下、詳しいやり方。

この方法に必要なソフト ---
1.VirtualBox ここからDL
--- 大体の人は Windows (32-bit/64-bit), VirtualBox-4.2.6-82870-Win.exe をDLすればいいと思う。
   自分の使ってるOSにあったものをDLしよう。

2.Linux OS Ubuntu 11.10 ここからDL
--- ubuntu-ja-11.10-desktop-i386.iso をDLする。 バージョンに注意すること。 最新版は12.04.2だけど、調べたら11.10でやってる方が多いみたいなので、11.10を選択するのが無難。

3.GIMX (Linux OS上でDLする)ここからDL
--- こっちも、最新版は1.00なんだけど、Ubuntu 11.10でなぜかインストールできなかったので、できてる報告のある0.51でやりましょう。


実行環境
【OS】Micrsoft Windows7 Ultimate 64bit
【CPU】Intel Core i5-2500
【メモリ】DDR3 2GB×2 + 4GB×2 = 12GB(メーカー忘れた)
【マザボ】GIGABYTE H67A-D3H-B3
【グラボ】SAPPHIRE HD6850 1G GDDR5
【SSD】A-DATA AS510S3-120GM-C
【HDD】SAMSUNG HD103SJ (1TB)
【ケース】ZALMAN HD501
【電源】HEC WIN+POWER 550W (HEC-550TE-2WX)

【マウス】Zowie EC2 evo
【マウスパッド】Razer Goliathus Fragged Extended Speed
【キーボード】FILCO Majestouch 2 Tenkeyless FKBN91ML/JB2 (黒軸)



仮想マシンにはVMware Playerってのもあるんだけど、今回は上記のVirtualBoxで。
VMware Playerでやりたい!って人は他の人が説明してるので、各自検索してみてください。

まず、VirtualBoxをインストールする。
インストールしたら、Oracle VM VirtualBox を起動する。
VB1.jpg
こんな感じ。たぶん初回起動は左の欄にはなにも表示されてない。


起動したら、左上の 新規(N) をクリック。
名前(N) の右に "Ubuntu" と入力、そうすると自動的に下の欄が Linux と Ubuntu に変わる。
変わらない場合は手動で変更する。
VB2.jpg


メモリサイズの設定は、自分のスペックと相談しながら。
1GBは最低でもあったほうがいいという記事を見た(気がする)ので、できたら1024 MB確保しましょう。
無理なら、512 MBで次へ(N)。
VB3


仮想ハードドライブを作成する(C)にチェックをつけ、
vb3.jpg


HDD にチェック、
vb4.jpg


サイズは適当に設定して作成をクリック。
vb5.jpg


すると、左の欄にubuntuという名前でLinuxをインストールする場所が作成される。
ここまでできたら、一旦VirtualBoxでの作業を止め、2.でDLしたLinux OS Ubuntu 11.10のisoファイルをDVD Decrypterなどのソフトを使用してDVDに焼くか、仮想ドライブにマウントします。

※仮想ドライブを使う方法はPowerISOやデーモンツールなどを別途インストールする必要あり。


isoファイルを焼いたDVDをDVDドライブにいれたら、VirtualBoxの画面に戻る。
左の欄の ubuntu をダブルクリックする。
なんか出てくると思うけど、とりあえずOKを押して下の画像のようなのが出てくるまで進める。
vb6.jpg


ここで、ホストドライブをDVDが入っているドライブに設定し起動をクリックする。(もちろんisoをマウントした仮想ドライブでも可)
ちょっとすると、またいろんな文章出てくると思うけど、とりあえずOKを押す。

インストール画面にきたら、日本語を選択してUbuntuをインストールをクリック。
以下を参考にLinuxをとりあえずインストールする。
ただし、インストール中にアップデートをダウンロードする
チェックはつけない。 (どっちでもいいのかも...)
http://linuxcom.info/install-ubuntu-1110.html

仮想OSが再起動したら、Linuxの準備は終了。
※補足 再起動を手動でやる場合は、以下の画像のようにする。
右上の電源マークをクリックし、シャットダウンを選択すると再起動かシャットダウンかを選ぶ画面が出てくる。
vb20.jpg

vb21.jpg



再起動後、Linux OSが立ち上がったら、左のランチャーにある工具のマークをクリックしてシステム設定を呼び出す。
ウィンドウが開くので、そこにある追加のドライバーをダブルクリック。
vb7.jpg


Oracle VMうんたらかんたら を選択し、右下のボタンでインストール。
もしも、選択したときに下画像みたいにボタンが"削除"となっていたら、この作業はスルーで。
とにかく選択したときの文章の左側にある丸いやつが緑になっていればOK
vb8.jpg

また、ランチャーにある工具マークの2個上にあるUbuntuソフトウェアアップデートもやっておく。
ただし、12.04LTSにアップデートしますか? みたいなことを聞かれると思うので、それは行わずに必ずキャンセルする。


ここまで終わったら、PCにBluetoothの送受信機を接続する。
このとき、USB3.0のポートは使わずに、USB2.0で行う。
そして、下画像のようにVirtualBoxの"デバイス"から、"USBデバイス"を選び、接続しているBluetoothに該当するものをクリックする。
しばらくすると、Windowsの方でドライバをインストールしている旨のバルーンがでるので、終わるまで待つ。
終わったあとに再度デバイス、USBデバイスを見ると、Bluetoothの欄にチェックがついていることを確認する。
vb9.jpg


Bluetoothが確認できたら、次に3.のGIMXをDLする。
ランチャーからFirefoxを開き、 "GIMX 0.51" で検索する。
※Windows上でDLするのではなく、Linux上でDLすること。
vb10.jpg


sixemu_0.51-1_i386.deb をDLし、Linux上で実行する。
実行すると下画像のようになるので、インストールをクリックする。
vb11.jpg

以上で導入は終わり。
以下、設定など。


GIMXをインストールしたら、PS3のコントローラーをPCにUSB接続する。
vb13.jpg


接続したら、Dashボードから端末を起動し、 "lsusb" と入力してエンターを押す。
下画像の黄色線のようにPS3コントローラーが接続されていることを確認できたらOK
4/23 補足 ここでもしもPS3コントローラーが認識されなかった場合、Bluetoothの接続のときと同じように、デバイス→USBデバイスと開きPS3コントローラーのところにチェックをつけてください。
0022.png


次にDashボードからGimxを検索して、"Gimx-Bluetooth"を起動する。
vb12.jpg


初回起動では、Configをダウンロードするか?と聞かれるので、とりあえずOKを押し
"PS3CallofDutyBlackOps.xml"にチェックをつけてダウンロードをする。
ここでなにかしらのConfigをダウンロードしておかないと、設定ファイルの編集ができないので、なんでもいいのでしておく。
ConfigをDLすると下画像のようにGIMXが起動する。
Set Dongle Address をクリックし、赤枠内のAddressが同じになればOK
vb15


上記の作業が終わったら、PS3コントローラーのUSB接続を外し、コントローラーの電源をきる。(PSボタンを10秒くらい押すと消える)
これを必ず行うこと。
次に、VirtualBoxの右下にあるマウスマークを右クリックし、マウス統合を無効化をクリックする。
(矢印みたいのがオレンジ色になればOK)
これにより、マウスの操作をWindows側と共有しなくなる。
これをやらないと、GIMXでのPS3の操作に悪影響を及ぼす可能性があるので、かならず無効化しておく
Linuxの操作からWindowsの操作に切り替えるときは、キーボードの右側についている"Ctrlキー"を押せばOK
無効化の際になにか文章が出てくると思うが、迷い無くOKを押す
vb16.jpg



ここまで終わったら、左下のStartを押せばPS3上の操作をPCにつなげているマウス・キーボードで行うことができる。
実行中の様子。
vb17.jpg
こんな感じになればOK


操作を終わるときには"Shift + Esc"キーでLinuxに戻れる。
PS3の操作を再開するときは、Stopを押したあとに、数秒待ってからStartを押すようにする。
Stop直後にStartを連打するとうまく動作しないという報告があるので、気をつける。
vb18.jpg


ちなみに、動作の確認がとれたら下画像のようにSaveしておくことをおすすめする。
ここでSaveしておけば次からいちいちSet Dongle Addressを押さなくてもすむようになる。
また、Edit configからボタン配置の変更などができる。ここらへんの説明はまた後日!
vb19.jpg



導入編終わり


疑問・質問は → https://twitter.com/xpiyohikox



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。